【アコード ハイブリッド】フェルソニ 新商品 DM-0.2 ドアデッドニング

CCCCC

おはようございます、『くるまや工房』のテツです。

今日は埼玉県からのお客様の愛車、アコードハイブリッドのドアデッドニングをご紹介いたします。

使用する商品は全てフェリソニ(Felisoni)ブランド商品

CCF20150602

CCF20150602_0001

カタログに載っている従来商品に加え、先日発売されたばかりの新商品

DM-0.2を初めて使ってのインストールとなります!

IMG_8792

※DM-0.2の主な特徴は

 

・単に制振性が高いだけでなく、追従性や遮音性など、カーオーディオ用途に適した基本性能を確保しつつ、これまでに無い『音質を追求した制振材』です。
・これまでの制振材と比較して『低音域の解像度の向上と音圧の上昇(共にドアのミッドバス帯域)』が
大きな特徴です。

 

それではデッドニング施工スタート!

ドアの内張りを外して

IMG_8790

ドア側のビニール等も剥がしパーツクリーナーを使って綺麗にし、ハーネスなどは専用テープを使って制振処理を施します。

IMG_8799

ドア内張りの要所に塗る制振材SR1000を使用しました。

※この商品の特徴は

SR1000は、米国沿岸警備隊(U.S COAST GUARD)の依頼で開発された振動及び騒音低減の為の水性液状コーティング剤です。
振動エネルギーを効率よく熱エネルギーに変換する特殊ポリマー構造により、優れた制振効果を発揮します。
SR1000は水性で毒性がなく、低減率が極めて高い液状制振材です。
本製品は粘着性に優れ、金属、プラスチック、グラスファイバー
等に使用出来、硬化後には防水効果も発揮します。

IMG_8793

重ね塗りするのに塗り乾燥の繰り返しを数回

IMG_8794

そして内張りにはハイグレード総合静粛材V-1ブロックを要所要所に貼り付け

IMG_8815

最後に遮音・吸音・断熱材S-07をドアと内張りの間に挟み込みます。

IMG_8817

これで内張り側は完成しました!

 

ドア外側鉄板部分に制振材DM-0.2を適所に貼り付け

IMG_8803

スピーカー背面には吸音材C-1を貼り、スピーカー背面からの背圧を吸音

IMG_8804

DM-0.2を使いホール部分を塞ぎます。

IMG_8809

これで完璧なドアが完成しました。

そして重さも完璧に増しました(笑)

 

 

当店では、今回ご紹介したドアデッドニングは勿論の事、ロードノイズ対策にも力を入れています。

店内には制振材や吸音材の見本なども展示

o2592193613714485541

o2592193613714485548

o2592193613714485543

またロードノイズ対策のデモカーを常時展示しています。
ナンバーが無いので動けませんので常時です(笑)

o0800060013563433150
右と左で違いは一目瞭然です。
触れてみれば絶対に分かると思います!

 

 

ご相談、お見積大歓迎です♪
お気軽にご相談ください。

★ポチットお願いします★ ⇒ ⇒ ⇒ 
00-tile

==========================
くるまや工房 ℡0475-58-1020千葉県東金市幸田113-4
★ホームページ http://www.kurumaya-koubou.com/
★ネットショップ http://www.kurumaya-koubou.co.jp/
★お問い合わせフォーム http://www.kurumaya-koubou.com/contact.html
★アメブロ http://ameblo.jp/kurumaya-koubou/
★みんカラブログ http://minkara.carview.co.jp/userid/715550/blog/
★JUGEM http://kkurumaya.jugem.jp/
★facebook https://www.facebook.com/Kurumaya9920
==========================