【マツダ・CX-8 BOSE仕様】BOSEスピーカーユニット交換・ラゲッジウーファー埋め込み作製③

IMG_1599

くるまや工房 オダジマです。

 

マツダ・CX-8 BOSE仕様の作業の続きの

モノアンプインストール、ラゲッジウーファーBOXフラット埋め込み作製の

ご紹介です。

 

m14_o

マツダ純正BOSEサブウーファー

スペアタイヤに固定できるチューンナップウーファー的なのが

ラゲッジに隠れていました。

これを取り外し、ラゲッジのスペースを利用してウーファーBOXを

埋め込みフラット作製します。

 

img_1838.jpg

使用するウーファーはJL AUDIOフラッグシップモデルの

JL-12W7AE-3 12inch(30cm)3Ωサブウーファー

54200031-768x768

アンプも同じくJL AUDIO DSP内蔵デジタルアンプVXiシリーズ

JL-VX600/1i 1chパワーアンプ

アンプもラゲッジ内のインストールします。

 

img_1842.jpg

ウーファーBOXをラゲッジ内に固定。

大分、進んだところからになりますが汗

 

img_1847.jpg

アンプは、他にも固定位置はありましたがメンテナンスを考えて、

BOX側面に固定しました。

 

img_1839.jpg

ラゲッジの天板を作製。

ウーファーのエッジ部を落とし込むのにかなりの板厚になります。

重さを少なくするため天板の表面の一枚以外は枠として築層しました。

 

img_1849.jpg

天板とBOXの接地面はMDF板同士が重ならない様に、

ビビり止めシートと仕上げの生地を間に入れてあります。

板厚を見るとエッジの立ち上がり具合、インパクトありますね。

 

img_1846.jpg

JL AUDIO W7は通常ウーファーの固定法方と違い、

ウーファー外周のリングを外しエッジを持ち上げてエッジ内部に

ビス、ボルトで固定します。

画像は壊れてる訳ではなく、正常です。

 

img_1855.jpg

天板を、ピラー加工で使用したアルカンターラブラックで仕上げて

完成です♪♪

 

img_1858.jpg

荷物を積む際に、ウーファーに害がないようにカバーを作ってありますので

アクティブに荷物を積んでも安心です。

 

img_1850.jpg

ラゲッジサイドの、ジャッキ等は取り外しが出来るようにとの

ご要望でしいたので、天板を外せば簡単に取り出せます。

 

img_1853.jpg

VX600/1iのリモートコントローラーはセンターコンソールBOX内に

固定しました。

 

img_1859.jpg

BOSEスピーカーユニット交換後は、

BOSEウーファーでは出せない強靱な低域を再生します♪♪

 

今回使用したVXシリーズは、同シリーズのアンプを追加であれば、

アンプをリンクさせる事も出来ますのでBOSEから付け替えた、

スピーカーユニットにアンプを追加してのシステムUPも可能です!!

 

BOSEサウンドシステムにご不満の方は是非ご検討ください。

 

ではまた~

 

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい。
お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。
みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしておりま~す♪

=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================

IMG_4102

くるまや工房

〒283-0048千葉県東金市幸田113-4

☎0475-58-1020fax0475-58-1022

メール

ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/

板金塗装カスタムホームページ:https://kurumaya-koubou.net/

施工実績:https://kurumaya-koubou.com/case/