【スバル・フォレスター】アウターバッフル作製① 

img_6630.png

どーも!!

くるまや工房 オダジマです。

今回ご紹介するのはスバル・フォレスター

img_6333-1.jpg

アウターバッフル作製、ツィーターピラー加工、

リアDピラースピーカー埋め込み加工、流れるミラーウインカー交換、

ドライブレコーダー取り付けのご依頼を頂きました。

まずはアウターバッフル作製からご紹介いたします。

アウターバッフル作製に伴い、新たに使用するスピーカーは、

最近特に人気のJL AUDIO C3-650です。

img_6330.jpg

ドアトリムを外して加工範囲を決めてドアトリムをカットします。

純正の網の部分をすべてカットしてしまうとポケット部分に

穴が開いてしまうのでマスキング位置でカット。

img_6332-1.jpg

カット後一度元に戻し、インナーバッフルの位置も確認しておきます。

純正DIATONEは今回でお役目終了です。

img_6335-1.jpg

インナーバッフルを切り出して仮固定。

元のスピーカー位置よりフロントへ開口部をずらしました。

img_6338.jpg

インナーバッフルの固定ボルトを増やして、スピーカ―分の

落とし込みを追加しました。

ドアトリムを戻して干渉を確認。

画像の通り、バッフルはトリムに干渉しないギリギリの面積を取って、

強度あるバッフルにしてます。

img_6336-1.jpg

ドアトリム開口部の型を取って、アウターベースを切り出し、

ベースの型を基準にアウターバッフルのはめ込みに作り替えます。

img_6340.jpg

アウターバッフルはドアトリムの形状に合わせて、

高さを削り、均一にしてアウターバッフル外周にパテを盛ってトリムに

あわせて成形します。

img_6365-1.jpg

パテ成形後です。

アウターバッフルの高さをトリムに合わせたので中側にはまるパネルも

アウターバッフルに合わせて作製します。

img_6366-1.jpg

中側のパネルを切り出し、アウターバッフルに合わせて罫書いた

ラインに合わせてひたすら削り滑らかな形状に仕上げます。

img_6367-1.jpg

アウターバッフルに合わせるとこんな感じに。

仕上がりが見えてきました♪♪

続きは次回ご紹介していきます。

ではまた~

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい。

お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。
みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしておりま~す

=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24
時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================

IMG_4102

くるまや工房
283-0048千葉県東金市幸田113-4
0475-58-1020fax0475-58-1022
ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/
板金塗装カスタムホームページ:https://kurumaya-koubou.net/