【フィットハイブリッド】走行時のノイズ軽減に効果大!フェンダー内部部制振・遮音施工

くるまや工房 オダジマです。

 

【フィットハイブリッド】

走行時のタイヤからのロードノイズを車内に響かせる前に

軽減させるタイヤハウスカバー・フェンダー内部制振・遮音施工。

前回ご紹介をさせて頂いたタイヤハウスカバー施工に続き、

フェンダー内部 制振・遮音施工のご紹介です。

 

前回ご紹介のタイヤハウスカバー制振・遮音施工の内容は

下記リンクからご覧下さい。

【フィットハイブリッド】走行時のノイズ軽減に効果大!

タイヤハウスカバー部制振・遮音施工

 

それではタイヤハウスカバーを取り外し、普段は隠れていて

見る事ないフロントフェンダー内部。

まれにフェンダー裏側に純正での対策で制振材や吸音材の処理が

している車両もありますがロードノイズ軽減の処理をしていない

お車が殆どです。

タイヤハウスカバー同様に施工範囲を綺麗に洗浄・脱脂処理を

行い綺麗な状態し制振・遮音施工の準備を整えてあります。

 

制振材はタイヤハウスカバーでも使用した、

アコースティックマテリアルブランドStpから追従・密着性が良く

制振性の能力が高い、制振シートStP Aero使用します。

 

タイヤハウスカバーをもどした際は隠れる部分が施工範囲となり、

ボディフレーム、フェンダー裏側へ制振シートStP Aeroを

貼り付け圧着させます。

 

社内側からフロントバンパーの境目までびっしりと制振材を

施行し、共振を抑える効果を高めます。

フェンダー鉄板ボディ特有の広がる共振音がコッコッと共振音が

広がらないボディへ変わります。

 

制振材で軽減した共振を更に遮音・吸収材で吸収させる為、

施行した制振材に張り合わせ施行を行います。

遮音材はサイレントコート 遮音&吸音&断熱シートSC-NI6-2.7

 

ボディフレーム、フェンダー裏側へSC-NI6-2.7を貼り詰めます。

タイヤハウスカバーと重なるフレーム部分は元に戻せなくなるので

制振材のみとなります

フェンダー裏面はほぼ全面、ボディフレームに制振材、

遮音・吸音材が施行され、走行時のロードノイズ共振を

伝え難くさせます。

 

タイヤハウスカバー・フェンダー内部の施行が完了し、

カバーを車両に戻します。

制振・遮音施工行う際に、カバーとボディの重なる位置関係を

確認しながら施工を行っておりますので問題無く車両へ装着できます♪♪

 

タイヤも取付け終わればタイヤハウスカバー・フェンダー内部

制振・遮音施工完了です。

 

タイヤハウスカバー・フェンダー内部の施行後は

車内で聞こえる走行の際のタイヤ音や段差などのゴツゴツ音が

低い帯域のノイズに変るのを体感して頂けると思います。

フロント側の施工後、リア側の施行のご依頼を頂く、

リピーター施工ご依頼が非常に多いロードノイズ対策施工メニューとなります。

 

リア側のタイヤハウスカバー・フェンダー内部の施行はカバー無く施工が

出来ない車両もございますので施工ご検討際はお気軽にお問い合わせください。

 

みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしております♪

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい!
お支払いは現金、クレジットカード、PayPay、auPayまたはローンも大歓迎です♪♪
=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================
IMG_4102
くるまや工房
〒283-0048千葉県東金市幸田113-4
☎0475-58-1020 fax0475-58-1022
メール
ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/
通販ページ:https://kurumaya-koubou.net/
施工実績:https://kurumaya-koubou.com/case/