【ND ロードスター】パワーアンプ内蔵DSP取付

DSC_5163

ND  ロードスター BOSE仕様車

6chパワーアンプ内蔵8chDSP取付

ND ロードスター BOSE仕様車 へ

μDIMENSION の新商品 アンプ内蔵シグナルプロセッサー

6chパワーアンプ内蔵 8chDSP DSP-680AMP

を取付させていただきました!

同時に JL AUDIO スピーカー C5-650 をAピラー埋め込み加工、ドアデッドニング も施工して取付けさせていただきましたがそれはまた今度♪

DSC_5122

μDIMENSION の新商品 DSP-680AMP はシート下等にも設置可能な位にコンパクトなサイズはなのに

DSC_5121

8ch DSPに定格55W×6chクラスDアンプ内蔵!

DSC_5117

今回は内蔵6chパワーアンプでフロント2Wayスピーカーに純正BOSEのサブウーファーをドライブ!

さらにRCA2chプリアウトも付いているのでアンプ内蔵のパワードサブウーファー等を接続する事も可能ですからフロント2Wayスピーカー+リヤスピーカー+パワードサブウーファーを組み合わせて社外ナビ以上の8chDSP調整機能使ってする鳴らす事も可能です♪♪

DSC_5118

入力もハイレベル(スピーカー)入力6ch、RCA2chのアナログ入力だけでなくBluetoothオーディオレシーバーも付属していますし、光デジタル入力も装備!

今回は純正のマツコネとの接続のみでしたがデジタルオーディオプレーヤー等の接続も可能なんですよ♪

それでは純正BOSEからサウンドUP!

DSC_5102

バッテリーから電源、純正BOSEアンプから音声等を引回しアンプ内蔵シグナルプロセッサー DSP-680AMP へ接続!

BOSEアンプへのアクセスや固定、引き回しの為に途中の車内は結構バラバラ状態にしての取付を行うのですが、画像を撮り忘れたのでいきなり完成後(^o^;)

アンプ内蔵シグナルプロセッサー DSP-680AMP 本体を運転席シート裏の小物入れスペースへ!

DSC_5149

リヤガラスから本体のμDIMENSIONが光っているのが見えます♪

DSC_5142

コンパクトなボディーのお陰でピッタリ収まりました♪♪

DSC_5129

サイバーナビやサウンドナビ以上の調整機能の調整はPCを使用

DSC_5159

クロスオーバー、スロープ、タイムアライメント、出力レベル、31バンドイコライザー等々の調整が可能になるので、純正のマツコネでは出来なかったサウンドの調整が社外ナビ以上に調整可能になるんです♪

DSC_5160

これでまずはサウンドを作り出し出力する部分からサウンドUP

DSC_5161

そして今回のアンプ内蔵シグナルプロセッサー DSP-680AMP を取付したもう一つの利点!

BOSE仕様の場合、抵抗値が2Ωと違いがあるので基本的には通常の社外スピーカー4Ωの取付けは出来ないのですがDSP-680AMPはサウンドを調整するプロセッサーの機能だけでなく6chクラスDアンプ内蔵で2Ωでも4Ωでも対応可能!

なのでBOSE車に調整機能からのサウンドUPで取付する事も可能ですし、当店でも人気のBOSE用スピーカーだけでなく色々なブランドのスピーカーを取付する事が可能に♪

DSC_5123

今回はJL AUDIO 2Way コンポーネントスピーカー C5-650 をAピラー加工やドアデッドニングも施工して取付!

こちらはまた今度ご紹介します(^o^)/