【スズキ ジムニー】ロードノイズ対策 バックドア制振遮音

img_2096.jpg

こんばんは、『くるまや工房』のテツです。

本日ご紹介するのは、常連のお客様の愛車【スズキ ジムニー】となります。

お客様に了解を得て、先日は制振遮音をフルで施工させていただきましたこちらのジムニーを試乗会でお借りして

沢山のお客様に試乗していただくことができました。

静かさに感動されたお客様からは、即ご予約をいただいたり

そんなジムニーを施工個所ごとにご紹介させていただきます。

 

今回はバックドアの施工

フロントドアは、これからオーディオを組むのでサウンド重視のデッドニング

バックドアはサブウーハーの重低音や外からの音などを静かに、制振遮音となります。

 

毎回ご紹介していますが、デッドニングや制振遮音で使用する商品は当店一押し!

ロシアの有名ブランド、StP社の制振遮音材となります。

StP社の商品取扱店は日本国内に多数ありますが当店は3年連続取扱い数日本一

img_1951.jpg

制振遮音、ロードノイズ対策、デッドニングの施工は施工実績が超豊富なので考えられている方は多少遠くたって

当店にお任せくださいね♪

 

 

それでは、バックドアの制振遮音をスタート!

img_1927.jpg

バックドアは以外にも振動が伝わりビリビリと気になる嫌な音が出るところです。

3年ほど前に車種は違いますが動画で紹介しているのでご覧いただけばわかりやすいと思います。

ジムニーやの場合は特に重いスペアータイヤを背負っているのでバックドアの負担は大きいかも

 

まずは内張を外して

img_1934.jpg

防水ビニールを剥がします。

img_1935.jpg

サービスホールの中に制振材、StP Aero Bulkを

stpg

適切なサイズにカットして密着貼付けします。

img_1936.jpg

制振材の上からStPの遮音シート、StP Accent 6を重ね張りします。

stpa

img_1937.jpg

見えにくいので近くからサービスホールの中を写しました。

img_1939.jpg

防水ビニールを剥がしたところは制振材、StP Aero Bulkをを一面に貼り内部からの音漏れ、外部からの異音の侵入を防ぎます。

また、内張についているクリップが刺さる穴にはオーディオテクニカのクリップダンパーを使用してビビりを防ぎます。

product_image_1

img_1942.jpg

 

次に内張側の制振遮音となります。

外した内張をきれいに脱脂して

img_1941.jpg

制振材を適切なサイズにカットして

img_1950.jpg

適所に密着貼付けします。

img_1943.jpg

遮音材のStP Accent 6を一面に重ね張りして静かな内張の完成です!

img_1945.jpg

 

ボディ側と内張側の両方を制振遮音することによって効果絶大となります。

 

ジムニーは他にもいろいろな個所の制振j遮音を行っていますので、パーツごとにご紹介させていただこうと思います。

今回はバックドアでしたが次回は!

お楽しみに♪

 

 

お気軽にお問い合わせください。

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい。

お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。
みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしておりま~す♪

=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================

IMG_4102

くるまや工房
〒283-0048千葉県東金市幸田113-4
0475-58-1020 fax0475-58-1022
メール
ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/
板金塗装カスタムホームページ:https://kurumaya-koubou.net/
施工実績:https://kurumaya-koubou.com/case/