【スズキ ジムニー】ドア デッドニング 施工

img_2096.jpg

こんばんは、『くるまや工房』のテツです。

本日ご紹介するのはスズキ ジムニー

過去、ロードノイズ対策(制振遮音)の施工実績で2回紹介させていただきました。

【スズキ ジムニー】ロードノイズ対策 バックドア制振遮音

【スズキ ジムニー】ロードノイズ対策 タイヤハウス制振遮音

 

そして今回はドアをご紹介することにします。

 

ドアの場合の施工方法は二つに分かれます。

一つ目はロードノイズ対策など車内を静かに、をお望みの方には制振遮音

二つ目はサウンド重視のデッドニング

基本的に制振材は同じですが貼り方が異なります。

 

今回はカーオーディオのインストールもあるので良い音仕様に!

デッドニング施工のご紹介を致します。

 

まずはドアの内張りを外して

img_1956.jpg

防水ビニールを剥がし、キレイに脱脂処理を行います。

img_1957.jpg

 

使用するのは制振遮音材で有名なロシアのメーカー

StPの制振材StP Aero Bulk Packを使用します。

stpg

円カッターを使い適切なサイズににカットします。

img_1950.jpg

カットした制振材をドア内部の適所に密着貼り付け

スピーカー背面からでる音による鉄板のビビりを抑えます。

img_1976.jpg

img_1977.jpg

 

次にサービスホールを塞ぐのですが

比較的大きなサービスホールはStP Aero Alumを使います。

stp alum

StP Aero Alumは、接着剤層とアルミ層から構成されている材料です。
ドアのサービスホールを塞ぎ水の浸入を防ぐ材料として最適です。
さらにその上からGOLD AEROやBOMB AERO等の制振材を貼りつけてその制振効果を高めます。

img_1978.jpg

制振材、StP Aero Bulk Packを使いサービスホール全体を塞ぎます。

この時に注意しなくてはいけないのはガラス周辺から水がドア内部に侵入

ここまでは普通なのですが内張側まで水が伝わらないように施工しなくてはなりません。

img_1979.jpg

本当はスピーカー背面などもサウンドを良くするために吸音材や拡散材などを使うのですが

オーディオインストールの時にアウター取り付けなどと一緒に行うので、今回のデッドニングはここまでです。

 

最後に、オーディオテクニカ製のクリップダンパーを貼り内張をはめた後のビビりを防ぎます。

product_image_1

img_2052.jpg

 

スピーカーのインストールがあるので今回ご紹介するのはここまでとなります。

 

 

デッドニングや制振遮音で使用する商品は当店一押し!

ロシアの有名ブランド、StP社の制振遮音材がおススメです。

StP社の商品取扱店は日本国内に多数ありますが当店は3年連続取扱い数日本一

img_1951.jpg

制振遮音、ロードノイズ対策、デッドニングの施工は施工実績が超豊富なので考えられている方は多少遠くたって

当店にお任せくださいね♪

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい。

お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。
みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしておりま~す♪

=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================

IMG_4102

くるまや工房
〒283-0048千葉県東金市幸田113-4
0475-58-1020 fax0475-58-1022
メール
ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/
板金塗装カスタムホームページ:https://kurumaya-koubou.net/
施工実績:https://kurumaya-koubou.com/case/